暑中見舞い

新潟県が「平成30年度県民経済計算の概要」を発表、県内総生産は名目で9兆1,222億円

  • 6か月前
  • 経済

主要指標

新潟県は、「平成30年度県民経済計算の概要」を発表した。

それによると、県内総生産(国のGDPにあたるもの)は名目で9兆1,222億円、実質で8兆7,553億円だった。経済成長率は名目プラス1.2%、実質プラス1.2%で、名目、実質ともに4年連続のプラス成長となった。なお、国は名目プラス0.1%、実質プラス0.3%となり、名目は7年連続、実質は4年連続のプラス成長となった。

県民所得(給与など+利子などの財産運用収入+法人の経常利益など)は6兆5,481億円で、前年度比0.5%増加と4年連続で増加した。1人当たり県民所得は291万1,000円で、前年度比1.4%増加と4年連続で増加した。なお、1人当たり国民所得は319万8,000円で、前年度比1.1%と7年連続の増加となった。

この概要によると、平成30年度の県内経済の動きは、前年度から続く海外経済の緩やかな回復を背景に生産活動が堅調に推移し、企業収益は原材料価格や人件費上昇などの影響から前年を下回ったものの高水準を維持。このようななか、企業の設備投資が積極的に実施されたほか、雇用・所得環境の改善もみられたことから、個人消費は持ち直しの動きが続いた。

経済成長率の推移

1人当たりの県民所得・国民所得の推移



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も