暑中見舞い

スノーピーク(新潟県三条市)、愛知県豊田市の鞍ケ池公園内に直営店「スノーピーク 豊田鞍ヶ池(仮称)」を4月以降オープン


スノーピーク豊田鞍ヶ池イメージ

株式会社スノーピーク(新潟県三条市)は、愛知県豊田市の鞍ケ池公園内に新業態の直営店「スノーピーク 豊田鞍ヶ池(仮称)」を4月以降にオープンする。スノーピークとしては、都市公園内への直営店出店は初めてとなる。

同社が2017年7月に包括連携協定を締結した豊田市近郊にあるファミリー層に人気の鞍ケ池公園。その鞍ケ池公園に隣接する東海環状自動車道の鞍ヶ池パーキングエリア(内回りのみ)からも利用することができるハイウェイオアシスに隣接する高台に、キャンプ用品とアパレルアイテムを豊富に取り揃える直営店と、レストラン「Snow Peak Eat」をオープンする。

美しい芝生に覆われた若草山には、“旅する建築”モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」を設置。公園を一望できるロケーションで、気軽にアウトドア宿泊体験を楽しめるという。

住箱イメージ

住箱内イメージ

また林間のエリアには、手ぶらキャンプを利用できるウッドデッキを用意。また、スノーピークビジネスソリューションズによる、屋外で仕事やミーティングができる「CAMPING OFFICE」のサービスも展開予定だ。開放的な空間でのワークスタイルを体感することができ、自然と人、人と人のつながりを感じながらワクワク働ける場所を提供するという。

なお、鞍ケ池公園は「鞍ケ池公園未来プロジェクト共同企業体(代表企業:大和リース株式会社)」が2021年春のオープンに向けてリニューアルを進めており、株式会社スノーピーク、株式会社スノーピーク地方創生コンサルティングは構成企業として参加していて、この事業が実現した。

CAMPING OFFICEイメージ

Snow Peak Eatイメージ



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も