テレワーク時代の最新ファイルサーバ


ジェットフォイルつばさ 漂流 2021年2月19日(金) 【(株)佐渡テレビジョン】

きのう18日(水)、ジェットフォイル「つばさ」が航海中に漂流物らしきものを吸い込み、航行不能となり、出発からおよそ10時間後に両津港に到着にました。

きのう18日(金)、午後4時20分新潟発のジェットフォイル「つばさ」が
航海中に漂流物らしきものを吸い込み、電源を喪失したため航行ができなくなりました。

両津港佐渡汽船ターミナルの待合室では、乗船客の家族が心配そうに到着を待っていました。

(インタビュー つばさ乗船客の家族)

また、ジェットフォイル漂流の一報を受けた渡辺竜五佐渡市長は体調不良の乗客に備えて待合室に救急隊を待機させました。

航行不能となった「つばさ」は近くを航行していた高速カーフェリー「あかね」により午後7時30分ごろ曳航されましたが10分後にロープが切れ、再び航行不能に。

「あかね」は単独で予定より2時間50分遅れで、両津港に到着しました。

(インタビュー あかね乗船客 1人)

「あかね」による曳航が失敗した「つばさ」は、非常用電源で午後8時3分から一時自力で航行し両津港を目指しました。

その後、午後8時40分ごろ再び航行が難しくなりました。

「つばさ」の船内は、電源系統を失った午後5時ごろから暖房が切れていて、毛布の貸し出しはあったものの乗客は、およそ6時間寒さを耐えることになりました。

その後、「つばさ」は支援を要請した新潟海上保安部の巡視船などに曳航され、予定の8時間46分遅れの午前2時13分に両津港に到着しました。

乗客36人にケガ人はいませんでしたが、この日は天候も悪くうねりがあったため船酔いする人が多く、下船後には、救急隊により1人1人健康チェックが行われました。

(インタビュー つばさ乗船客)

一方、中には、船内放送が遅く情報が少ないことから不安感も広がったといいます。

(インタビュー つばさ乗船客 2人)

また、きのうは渡辺竜五佐渡市長もかけつけ「つばさ」の到着を待っていました。

(インタビュー 渡辺竜五佐渡市長)
 
今回の事態を受け佐渡汽船は・・・

(インタビュー 佐渡汽船 本社統括課 金子 吉光 課長)

ジェットフォイル「つばさ」は両津港に着船後、点検作業を行い、きょうの朝から通常運行しています。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も