青年会議所

新潟県上越市、燕市で新たに計9名の新型コロナウイルス感染症患者

  • 4か月前
  • 社会

説明する県の担当者

新潟県は23日、上越市と燕市で新たに計9名の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたと発表した。県内1038例目から1046例目となる。これで県内感染者数は1041人となる。

1038例目は上越市の20歳代女性(無職)。19日に発熱、頭痛、関節痛があり、20日に医療機関を受診。22日に再び医療機関を受診し検体採取。PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、発熱がある。

1039例目は燕市の30歳代女性(会社員)。16日に県内1014例目(燕市の男性乳幼児)の濃厚接触者(同居家族)として検体採取。PCR検査の結果、陰性。22日に発熱のため医療機関を受診し検体採取。PCR検査の結果、陽性が判明した。燕市立小池保育園関連の感染者で、保育園関連の感染者は34名となる。現在、鼻水、頭痛がある。

1040例目は上越市の20歳代女性(飲食店従業員)。18日に咳、頭痛、倦怠感、19日には発熱があり、20日に医療機関を受診。22日に再び医療機関を受診し検体採取。PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、発熱がある。

1041例目は上越市の30歳代男性(会社員)。22日に県内1038例目の濃厚接触者として検体採取。PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、無症状。

1042例目は上越市の20歳代女性(無職)。20日に発熱、咳、倦怠感。22日に県内1038例目の濃厚接触者として検体採取。PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、咳がある。

1043例目は上越市の10歳代女性(飲食店従業員)。18日に発熱、関節痛、倦怠感、21日に味覚障害はあり、22日医療機関を受診し検体採取。PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、味覚障害、鼻声の症状がある。

1044例目は上越市の20歳代女性(無職)。22日に発熱者と接触があったため医療機関を受診し検体採取。PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、無症状。

1045例目は上越市の20歳代女性(無職)。21日に咽頭痛、22日に頭痛、咳があり、22日医療機関を受診し体採取。PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、咳がある。

1046例目は上越市の30歳代女性(無職)。20日に発熱があり、22日に医療機関を受診し検体採取。PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、発熱がある。

上越市の8名は接待を伴う飲食(1038。1041、1042例目ほか)で接触したほか、知人、友人など何かしらの関係があるという。

濃厚接触者については9名とも調査中。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も