テレワーク時代の最新ファイルサーバ


2021年4月に開校する新潟県の三条市立大学が2次試験(前期日程)を実施

三条市立大学 受験者へ問題冊子を配る職員

25日、国公立大学の2次試験(前期日程)が開始され、新潟県内でも新潟大学や長岡技術科学大学などの学校が試験を実施した。2021年4月、新たに開校する三条市立大学でも実施され、同大学の一期生を目指して多くの受験者が試験に臨んだ。

県央地域初の公立大学となる三条市立大学は、広範囲の工学知識と社会科学を融合させた授業と、燕三条という日本有数のものづくり地域の特色を生かした産学連携実習中心の学習を特徴とし、アハメド・シャハリアル学長は「技術革新(イノベーション)を生み出す人材を輩出する」ことを目指す。

試験は三条市立大学内のほか、県外3箇所にも会場が設けられた

前期日程では、募集人数58人に対して志願者数は301人(三条市立大学2月9日発表)で志願倍率は5.4倍。三条市立大学会場のほか、仙台・大宮・大阪の県外3会場で試験を実施した。合格発表は3月3日。三条市役所三条庁舎前掲示板と大学webサイト上に合格者の受験番号を掲示し、あわせて合格者には通知を送付する。

なお、中期日程の試験は3月15日を予定している。また、3月27日から29日の3日間には開校に先立って、一般向け内覧会を開催する予定である。

三条市立大学 外観

試験会場入り口

 

【関連リンク】
三条市立大学 webサイト

 

【関連記事】
新潟県三条市の滝沢亮市長が会見で新型コロナワクチン接種の計画などを発表 「三条市立大学の内覧会が開催」(2021年2月16日)

【連載】新潟の教育 第3回「燕三条エリアからイノベーション人材の輩出を目指す三条市立大学」(2020年11月5日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も