燕三条地場産業振興センターが26日から「GINZA SIX」にポップアップストア

ポップアップストアという形態にも注目

(公財)燕三条地場産業振興センター(三条市)は明日26日、銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」の4Fに新潟・燕三条の商品で囲まれる生活をコンセプトにしたポップアップストア燕三条スタイルショップ」を開く。自治体・公設団体の運営する店舗がGINZA SIXへ出店するのは初の取り組みとなる。出店期間は来年1月15日まで。

「テーブルウェア(酒器含む)」、「キッチンツール」、「ビューティーツール」を中心に、使う人のよりよい生活を創るための道具を取り揃えている。また商品の販売だけでなく、職人による「スプーンの研磨、包丁研ぎ・名入れなどの実演」を行うほか、開発酒器を使い三条市のお酒と燕市の甘酒の「振る舞い酒」を行なう。

いま、地方の人口減少を背景に、地方の企業、とくに飲食チェーンは、東京や海外に進出している。だが、高い賃料や、地の利のなさなどから、撤退を余儀なくされる企業も少なくない。そんななか、期間限定の店舗であるポップアップストアに注目が集まっている。これならば、リスクを抑えながら、新市場における消費者の反応やマーケィングなどを行える、今年11月にも、糸魚川市の女性たちが立ち上げたブランド「むすびいと」を販売するポップアップストアが東京・代官山にあるライフスタイルショップ 「TENOHA&STYLE STORE」内にオープン。期間は4日間で、糸魚川産の木と翡翠(ひすい)のアクセサリー、コースター、おくるみストール、日本酒、ナスのジャム、酒粕キャラメルジャム、焼き菓子など糸魚川の特産品を活用した商品を販売していた。

ちなみに、「表参道・新潟館ネスパス」(東京都渋谷区)や、「ブリッジにいがた」(東京都中央区、HPによると1月9日から利用者の募集を開始)にも展示販売スペースがあるとか。

GINZA SIXには玉川堂も入っている

地図の34がポップアップストアのためのスペース

4階から下を眺める

ブリッジにいがた