テレワーク時代の最新ファイルサーバ


新潟県妙高市が4月1日付の人事異動を発表

妙高市役所


新潟県妙高市は3月19日、4月1日付の組織改正と人事異動の内示を発表した。

今回の組織や人事に関する特記事項としては、企画政策課に「地域創生戦略室」を設置し、「地域創生グループ」を新設。一方、観光商工課内の「観光振興グループ」と「交流推進グループ」は統合し「観光交流グループ」とした。また、新図書館の創設に向けて庁内外の事業調整を一元化するための「図書館整備室」を新設した。

市民税課は通常期と繁忙期のにおける係間の機動的・弾力的な業務体制構築のため「市民窓口グループ、収納グループ、課税グループ」の3グループ制となった。

再雇用職員に関しては、雇用と年金の接続の必要性や今後予定されている公務員の定年延長を見据え、「妙高市職員の再任用に関する条例」に基づいた再任用職員はフルタイムでの雇用を行うことが決定した。

加えて、4月1日付で「ワクチン接種推進本部」を設置。本部長は健康保険課長とする。

課長級以上の人事異動は、以下の通り。 ※新任(旧任)名前の順。

総務課長(農林課長兼農業委員会事務局長) 吉越哲也

財務課長(市民税務課長) 大野敏宏

市民税務課長(生涯学習課長) 鴨井敏英

生涯学習課長(財務課長) 平井智子

建設課長(同課長補佐) 丸山敏行

農林課長兼農業委員会事務局長(同課長補佐) 東條義博

妙高支所長(妙高高原支所次長兼市民窓口係長) 関栄朗

地域共生課参事(地域政策担当) 平出武 ※再雇用

建設課参事(建築技術・図書館整備担当) 渡部雅一 ※再雇用



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も