暑中見舞い

新潟県長岡市、三条市などで新たに8名の新型コロナウイルス感染症患者を確認


新潟県は21日、長岡市、三条市などで新たに8名の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたと発表した。県内1262、1263、1266から1270、1279例目となる。

1262例目は長岡市の10歳代男性(学生)。現時点で感染経路は不明。17日に倦怠感、18日に発熱、下痢、咽頭痛があり、19日に医療機関を受診し検体採取。20日、PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、下痢と痰の症状がある。16日まで登校していたという。県外移動歴はない。濃厚接触者については家族や学校関係者などに順次検査を実施する。入院療養。

1263例目は三条市の90歳代女性(無職)。14日に県内1186例目(13日に判明した三条市の80歳代女性無職)の接触者として検体採取。PCR検査の結果、陰性。19日に施設利用者に対する2回目の検査のため検体採取。20日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在、食欲不振の症状がある。

1266例目は三条市の80歳代女性(無職)。14日に県内1186例目の接触者として検体採取。PCR検査の結果、陰性。19日に施設利用者に対する2回目の検査のため検体採取。20日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在、咳の症状がある。

1268例目は三条市の70歳代女性(無職)。14日に県内1186例目の接触者として検体採取。PCR検査の結果、陰性。19日に施設利用者に対する2回目の検査のため検体採取。20日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在、症状はない。

1269例目は三条市の80歳代女性(無職)。14日に県内1186例目の接触者として検体採取。PCR検査の結果、陰性。19日に施設利用者に対する2回目の検査のため検体採取。20日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在、症状はない。

1263、1266、1268、1269例目は同じデイサービスの利用者。デイサービスで複数の患者が発生したことから、最初の感染者が確認されて約1週間経過した時点で2回目の検査を実施したという。4名とも県外移動歴はない。また濃厚接触者については家族などを順次検査していく。4名とも入院療養となる。なお、このデイサービス(オープンテラス 花そーて)関連の患者数はこれで15名となる(職員3名、利用者9名、家族など3名)。また他に同一建物内の別の施設で2名の患者が判明している(職員1名、利用者1名)。

1267例目は三条市の30歳代男性(会社員、不特定多数と接する業務ではない)。19日に県内1236例目の接触者(関係については調査中)として検体採取。20日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在、喉の違和感がある。最終出勤日は19日という。県外移動歴はない。濃厚接触者については家族や職場など順次検査を実施していく。ホテル療養となる。

1270例目は三条保健所管内の20歳代女性(福祉施設職員)。19日に県内で陽性が判明した人の接触者として検体採取。20日、PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、発熱の症状がある。最終出勤日は18日。県外移動歴はない、濃厚接触者については家族や職場など順次検査を実施していく。療養先は調整中。

1279例目は長岡市の30歳代男性(会社員、不特定多数と接する職業ではない)。18日に倦怠感、腰痛があり、20日に県内で陽性が判明した人の接触者(会社関係)として検体採取。21日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在、発熱、倦怠感、腰痛の症状がある。最終出勤日は19日。県外移動歴があり、現在詳細を調査中。濃厚接触者については今後検査を進めていく。療養先は調整中。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も