ラッピングトラックで佐渡産品PR 2021年3月10日【(株)佐渡テレビジョン】


 

10日、JA佐渡の畑野米倉庫で新たなラッピングトラックが、お披露目され、出発式が行われました。

JA佐渡では、2018年5月に朱鷺認証米をイメージしたラッピングトラックを導入し、出荷先などへPRを行ってきました。

2台目の導入となる今回は、JA佐渡、佐渡市、佐渡汽船運輸株式会社の3者が共同で佐渡産品をPRするため、デザインを考案しました。

トラック側面には、おけさ柿をはじめ、黒いちじくなどの果物のほか、ゴーヤや佐渡バターなど10品目が描かれています。

また、後部には、今年4月にスタートする飲食店など企業向けの
佐渡産品オンラインショップ、「さどまるしぇ」のほか、佐渡産食材を取り扱う店舗などを認定するサドメシランについての説明が書かれています。

この日行われた出発式には、デザインに係った関係者らが駆け付け、テープカットが盛大に行われました。

出発式を終えると、およそ12トンの佐渡産コシヒカリが積まれ、ラッピングトラックは、関係者に見送られながら、倉庫を後にしました。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も