新潟県佐渡市が4月1日付人事異動内示を発表


新潟県佐渡市が4月1日付人事異動内示を発表した。それによると、4月1日時点の正規職員数は▲15名の1,100名となる。異動件数(新採用を除く)は296名(うち消防職は49名)。昇任者数は、主事級から主任級が10名、主任級から係長級が24名、係長級から課長補佐級が19名、課長補佐級から課長級が9名となっている。

新規採用(正職員)数は32名で、うち5名が消防職。フルタイム会計年度任用職員は16名。

異動の特徴としては、係長への女性登用の割合を30%以上とし、女性職員の活躍を推進していく。

また市の重点施策を推進していくため、喫緊の課題である医療対策と移住交流の担当課を設置し、組織人員体制を強化する。さらに新型コロナウイルスワクチン接種に対応するため、市民生活課の職員を増員。このほか、支所・行政サービスセンターは、「地域づくりの情報拠点」として位置付け、できる限り地元職員の配置に努めたという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も