【写真コラム】「なかなか子供ができない夫婦に子供ができた」縁結び、子宝、安産のパワースポットとして知られる居多神社(新潟県上越市)


縁結び、子宝、安産の神の看板

新潟県上越市直江津地区にある居多(こた)神社は、古くから縁結び、子宝、安産のパワースポットとして知られている。

居多神社の花ケ前(はながさき)盛明宮司は「なかなか子供ができない夫婦に子供ができたという話が多い。居多神社は縁結び、懐妊、安産にご利益(ごりやく)がある」と話す。

公益社団法人新潟県観光協会(新潟市中央区)の公式ホームページによると、居多神社は大国主命(おおくにぬしのみこと)・奴奈川姫(ぬながわひめ)・建御名方命(たけみなかたのみこと)を祀り、越後一宮とも呼ばれる神社だ。

また、地元出身の戦国武将・上杉謙信が戦のたびに必勝祈願に訪れたほか、浄土真宗の祖・親鸞聖人も上陸の際に一番に参ったといわれ、聖人にまつわる越後七不思議の第1番「片葉の葦(あし)」が群生していることでも知られている。

子宝の神様「雁田神社」

石碑

居多神社社殿

居多神社の看板

親鸞聖人の石像

越後七不思議の説明看板

越後七不思議のひとつ片葉の葦

 

 

 

 


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓