テレワーク時代の最新ファイルサーバ


新潟県糸魚川市の地すべり、県道東側で一部避難勧告解除へ 糸魚川市、一部避難勧告解除へ

新潟県糸魚川市で4日未明に発生した来海沢地区の地すべりで、糸魚川市は30日、第3回目となる避難者説明会を避難場所となっている糸魚川市の温泉旅館・権現荘で開き、避難勧告の一部解除を発表した。

4月3日午前8時から来海沢地区の県道東側を解除する。県道東側は今回の土砂被害の範囲外であることや、土石流センサーなどの警戒避難体制の機器配備などが完了したこと、電力・水道・通信のインフラ復旧が17日に完了したことなどが理由に挙げられている。県道東側は関係者以外立ち入り禁止となり、今回被害の大きかった県道西側地区はまだ解除できないという。

また、4月3日午後2時から避難勧告が解除された県道東側エリアの住民を対象に、土砂の崩れを察知するワイヤーセンサーのサイレンの音の確認や、防災メールの配信確認などの避難訓練を実施する。

来海沢地区の神喰重信区長は「1か月に渡る避難生活で帰りたい願望が募ったが、被害が大きいので覚悟はしていた。(一部解除は)避難者の中には帰る家のない人もいるので、手ばなしでは喜べない。西側地区も早く解除してもらいたい」と話した。

糸魚川市の米田徹市長は報道陣の質問に対し、「西側の地区は上部の安全が確認されないと難しい。避難者の方には保健師などへの相談でストレスの緩和に対応したい。西区については県と連携して、一日も早く復旧するように取り組んでいく」と答えた。

避難勧告の解除をめぐっては、25日の専門家らによる地すべり現地調査で新潟県地すべり対策研究会の渡部直喜会長(新潟大学准教授)が部分的な避難勧告解除も可能との見解を示したため、28日には米田市長らが現地入りし、糸魚川市が一部解除に向け検討を進めていた。

糸魚川市の米田徹市長



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も