9月12日からモスバーガーで障がい者が描くふれあいアート展

モスバーガーを展開する(株)モスフードサービス(東京都)は9月12日から11月中旬まで、新潟県のモスバーガー全22店舗で、「MOSごと美術館with cotocoto~障がい者が描くふれあいアート展」を開催する。

同社では昨年9月に、「まちごと美術館cotocoto」事業(※)に賛同し、県内のモスバーガー全店で、「MOSごと美術館 with cotocoto~障がい者が描くふれあいアート展」と題し、県内の障がい者が描いた作品を展示した。好評を博したことから、期間を当初予定よりも2か月間延長したという。

今回も野菜や花などの異なった絵を各店舗に2点ずつ展示。作品をより身近に感じてもらえるよう、作品に作者の紹介も添える。

(※)「まちごと美術館cotocoto」事業

県内の4つの企業・団体が共同で、2016年7月に本格稼働させた事業。障がい者のアート作品を施設や個人に貸し出すことで、街全体を彩りながら、障がい者の収入増などを目指している。今年7月現在、県内福祉施設の利用者など20名以上が出品し、約150作品を取り扱っている。

http://cotocoto-museum.com/