JA全農にいがた、JR新潟駅前(南口)に直営レストランを開店

JA全農にいがたは16日、JR新潟駅前(南口)に、直営レストラン「カフェ&グリル みのりみのる」を開店した。食材については100%国産で、新潟県産に可能な限りこだわったという。

 

JA全農では、一般消費者を意識した積極的な広報活動を進めており、店舗運営は、その一環。新潟店は全国8店舗目で、県では初めてとなる。来店者に新潟の食材の魅力をPRしていく。なお、じっさいの店舗の運営は、新潟市内の飲食店に委託した。

 

メニューには、にいがた和牛のステーキ、新潟県産豚肉のグリル、旬の野菜たっぷりネギトロ丼、新潟県産豚肉と季節の野菜のせいろ蒸しランチ、新潟米縁むすび、越後姫のスイーツなどを揃えた。「メニューは、季節によって、旬なものにかえていきます」(JA全農にいがた)

ランチタイム、カフェタイム、ディナータイムがあり、「ビジネスマンや周辺の専門学校生に加え、(新潟駅に直結しているという立地を活かし)日帰り出張のビジンスマンにも来店して頂き、新潟の魅力をPRしていきたい」とJA全農にいがたでは話す。

 

(店舗概要)

場所/新潟市中央区天神1-12-7 LEXN2 1F

営業時間/11時~24時

席数/80席(テーブル席、座敷席、個室)※授乳室も完備

主なメニュー/牛肉、豚肉、野菜のグリル料理、ご飯物、果物を利用したスイーツなど

1月中は県から寄贈してもらったという米の新品種「新之助」を味わうことができる。