テレワーク時代の最新ファイルサーバ


「燕三条鉄アイス」の販売を先駆けて(株)プラスワイズが新潟県三条市の滝沢亮市長に完成報告

三条市の滝沢亮市長(中央)、株式会社プラスワイズの常務取締役・芳賀聡氏(右)

新潟県三条市の滝沢亮市長は19日、株式会社プラスワイズ(三条市)が運営する食品ブランド「ChillFull-ちるふる-」の「燕三条鉄アイス」の販売開始を先駆けて、同商品の開発チームから完成報告を受けた。

燕三条地域は、ル レクチェや越後姫など農作物なども有名だが、「金物のまち」のイメージが強い。今回は燕三条の「美味しい農作物・加工品・料理」を多くの人に知ってもらい、食品に目を向けてもらうきっかけ作りに「食品」×「金物のまち」と、地域で力を入れていた「工場見学」を合わせて、「食べる工場見学」をコンセプトに企画・開発し、コロナ禍後の燕三条地域に以前の盛り上がりをいち早く取り戻すために新名物で貢献する。

「燕三条鉄アイス」は、ミルクベースのアイスに鉄粉(竹炭含む)が振るわれた、鉄をイメージしたアイス。ほのかな鉄味とシャリシャリとした竹炭と氷の繊細な食感が特徴だという。

完成報告には開発チームリーダーの(株)プラスワイズの常務取締役・芳賀聡氏らが出席し、滝沢市長が「燕三条鉄アイス」の試食を行った。

滝沢市長は「後から鉄の味がした。美味しさもあり、開けた時の見た目のインパクトがある」と新感覚のアイスを味わっていた。

報告後、芳賀氏は「コロナ後に以前のように燕三条に観光客が来てもらえるよう、熱い思いを込めて鉄アイスを開発した。インパクトのあるこの“鉄アイス”をきっかけに色々な方に興味を持ってもらい、燕三条を盛り上げていきたい」と話した。

「燕三条鉄アイス」はJAにいがた南蒲 農産物直売所 ただいまーと「Gelateria COCO」にて24日から販売を開始する。価格は1個400円(税込)。

「燕三条鉄アイス」

【関連リンク】
株式会社プラスワイズ 公式ホームページ
https://plusys.co.jp/

JAにいがた南蒲 農産物直売所 ただいまーと
http://www.tadaima-to.jp/



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も