【トキエア就航延期】新潟県の花角知事「確実に前進しているととらえている」と前向き

トキエアは「順調に来ている」と花角知事

新潟県の花角英世知事は7月27日の定例記者会見の中で、26日にあらためて就航の延期が発表された新潟空港を拠点とするLCC(格安航空会社)・トキエア株式会社(新潟市東区)について「着実に準備が進んでいると受け止めている」と話した。

トキエアは3月に航空運送事業許可を取得し、当初は就航予定を6月末に定めていたが、実証飛行訓練などで練度が不足しているという理由から就航を8月10日に延期し、26日にふたたび8月下旬に延期した。

これについて花角知事は「予定していた日にちが遅れるのは残念ことだが、確実に安全運航を確立するためには必要な時間」と話した。

また就航後のプロモーションやセレモニーなどの取り組みついての質問には「利用促進への取り組みは予定通り進めていきたい」と回答した。また26日公表されたダイヤについては「まだ見ていない」との回答だった。

 

【関連記事】
【8月下旬をめどに運行開始】トキエアが就航準備を進めてきた新潟=札幌(丘珠)線のダイヤと運賃を発表 (2023年7月26日)

b-method

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓