【にい経編集部発】記者コラム&今週の主なニュース


編集後記

生成AIのこれから

昨年2022年の11月にリリースされて、世間を席巻したOpenAIが米紙ニューヨーク・タイムスに訴えられている。日本でも日本新聞協会など4団体が、8月17日、声明を発表している。

新潟県の複数の市町村でも、公認でOpenAIのchatgptGPTを導入している。同技術が報道業界、出版業界、広報業界など業界全体がライター不要論までに及んだ。しかし、実際使ってみてどうだろうか。

毎回、会話の内容が違う。それは、チャットとして、ランダム性というか「ゆらぎ」を持たせているからだろうが、データの情報のソースはどうなっているのだろうか?「私たちもなんとなく気が付いていたのではないだろうか?」。ニューヨーク・タイムスや既存の著作権が存在する雑誌、新聞を生成AIの学習に使ったのではないか。

画像生成AIも実存のアイドルやキャラクター、絵師を使っていると玄人は分かる。言葉にも裏付ける経験や知識や気分、作家性や魂は細部に宿る。業界内でも現状の段階では、実用段階ではないと弊社も考えている。

文法上正しくても、データがソースなしで記載されても正しいことを言っているかのように文章が生成される。その文章はやはり、引用元が示されることはない。

県内の導入した行政のように型に決まった資料作成や質問事項を考えたり、アイディア出しなどは有効な使い道はある。これから行政や社会全体で人手不足になる。2024年、2025年問題である。ChatGPTなどの生成AIなどを活用して、小人力化に取り掛かっている企業もある。

裁判によってこの生成AIのブラックボックスが開示されるのか。裁判の如何によっては、同じ様な生成AIを開発する企業で不利益が生じてしまう。裁判結果も含め、これからの生成AIの動向や進歩に注目したい。

ニューヨーク・タイムス参考記事

(編集部・伊舞静華)

 

今週の主なニュース

経済

10月2日

【ランキング】表参道・新潟館ネスパス 物産販売「新潟・食楽園」売上ベスト5(2023年9月度)

10月3日

【M&Aでアジア進出を強化】アヅマホールディングス(新潟市中央区)が、海外拠点を持つ工業メーカー富士試験機製作所(東京都)を子会社化

10月4日

【約32年ぶりの水準で人手不足】日銀新潟支店が会見、県内の景気や雇用情勢について言及

10月6日

【グッドデザイン賞2023】「中小企業庁長官賞」に燕三条から2件の快挙、諏訪田製作所(三条市)と一菱金属(燕市)

 

政治・行政

10月2日

【作業事故を受け】北陸地方整備局が本間組(新潟市中央区)に指名停止措置

 

社会

10月4日

【みんなの笑顔のために】ながおか市民活動フェスタ2023 無事に開催

【新潟市中央区の平和を守護】NEXT21前のライオン像が安心安全アンバサダーに就任

10月6日

【村上新聞】「村上市小岩内集落」 避難解除、被災から1年2カ月 地域再生に向け気持ち新たに

 

編集部ピックアップ

10月5日

【独自予算を活用】日本郵便の父で新潟県上越市津有区出身の偉人・前島密などをテーマにしたパンフレットを作成 津有区地域協議会

10月6日

【ビズテイル#1】「積み上げたものがどんどん崩れていった・・・」人材派遣業DearStaffの深見啓輔(ふかみけいすけ)代表取締役 ―リーダーの光と影―

【芥川賞作家が講演】「平和を訴えるのが文学者の使命」 ドナルド・キーン氏と交流のあった作家の平野啓一郎氏が開館10周年記念講演 

10月7日

【開発進む】新潟県妙高市の「道の駅あらい」東側エリアの開発進む コメダ珈琲店、グランピングのロードサイドホテルも


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓