新潟限定の商品が7日、相次いで登場

新潟でしか出会えない  新潟でしか味わえない 新潟限定商品と聞いて、新潟限定ビイル「風味爽快ニシテ」が頭に浮かぶ読者も多いのではないだろうか。

 

 旧与板町出身の初代醸造技士・中川清兵衛氏や、新発田市出身の大倉喜八郎氏が生みの親ともいえるサッポロビールの商品だ。筆者も時折楽しんでいる。

 

 そんななか、新潟限定の商品が7日、相次いで登場した。

 

一つは、キリンビールの「一番搾り 新潟づくり」。約2か月間の期間限定販売。350ml缶、500ml中瓶があり、1缶・本あたり1円が熊本地震の復興支援に充てられるという。

そして、もう一つは、サークルKサンクスが発売した、カレー風味のから揚げ弁当、カレカツ丼、おにぎり(タレカツむすび、村上塩引鮭むすび)だ。

 

 同社と県が2009年に県産品の販売促進に関して協定を締結。今回は、その一環で、県認証の特別栽培農作物「柏崎産コリヒカリ」を使用している。7月4日までの期間限定で、県内すべてのサークルKおよびサンクスで販売される。