【トキ「洋洋」死亡】「野生復帰への功績は非常に大きい」、新潟県佐渡市の渡辺竜五市長がコメント


佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)で飼育されていたトキ「洋洋(ヤンヤン)」が11月24日に死亡したことについて、新潟県佐渡市の渡辺竜五市長がコメントを発表した。渡辺市長のコメントは、以下の通り。

「1999年にオスの友友(ヨウヨウ)とともに佐渡に来て、日本で初めての人工繁殖に成功し、今では500羽を超えるトキが佐渡に生息するまでになりました。佐渡での野生復帰が順調に進んでいることについて、洋洋の功績は非常に大きいものであると考えます。これまで飼育繁殖に携わってこられた関係者の方々におかれましてはご苦労が多かったことと思います。洋洋と関係者の方々のこれまでの努力に感謝します」


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓