新潟県三条の市役所三条庁舎に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染


新潟県三条市は18日、三条市役所三条庁舎に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染していることが同日判明した、と発表した。

職員は、市内在住の50歳代男性で、15日に発熱があり自宅待機となる。その後、17日に医療機関を受診しPCR検査を実施し、18日に陽性が判明した。直接市民と接する機会がない業務に従事しているという。

また、これに伴い、消毒のため建設課および建築課の一部業務を停止し、保健所の指導に基づいて業務の再開準備を進めていくという。なお、両課以外の市民総合窓口を含むすべての業務は通常どおり行っている。

一方、保健所の調査では濃厚接触者はいなかったが、念のため当該職員と同じフロアに勤務する全職員も自宅待機をしていて、PCR検査を実施する。結果は18日中に出る予定で、結果を踏まえて職場への復帰を判断する。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も