「だし文化」を体験できる「だしパックセット」

だしパックの製造販売を行う(株)フタバ(三条市)は、日本各地に根付く「だし文化」などを味わえる「UMAMIの旅」の販売を開始した。鰹と昆布、合わせ、いりこ、あご、本枯鰹節の5にのだしパックがセット(1つのだしにつき1パック)になっていて、価格は648円(税込)。内容量は、10g×5種パック。ネット通販のみで販売する。

 

同社では、「だしを科学する」をコンセプトに創業以来64年、熟練した職人の技術と経験、味覚センサーによる基本味(おいしさの構成要素=うまみ、苦味、塩味、酸味、渋味)を数値化することに取り組んできた。

今回の商品開発では、こうしたノウハウを活かした。商品にはそれぞれ、うまみ、コク、余韻、甘味、深み、酸味を数値的に分析し、その結果を舌マップとして表現しているという。

 

また国産素材のみを用い、化学調味料は無添加。このほか、5つのだしパックが1種類ずつ入っているが、それぞれのだしパックに対応したレシピも入っているという。

 

一方、今後は、うまみやだしの関連商品として、だし茶漬けや、炊き込みご飯の素、世界各国のうまみ成分を含有する食材を活かした商品を開発していくことも計画している。

 

フタバ

http://www.futaba-com.co.jp/