三条市立大島中学校の生徒1人が新型コロナウイルスに感染


新潟県三条市は22日、大島中学校の生徒1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。生徒は21日に同居家族の濃厚接触者として、PCR検査を実施し22日に陽性が判明した。

今後の対応については、保健所が接触者の調査などを行うほか、校舎の消毒を行うため同校を24、25の両日休校にする。また、23日は部活動を停止する。

一方、一ノ木戸児童クラブの職員が新型コロナウイルスに感染したことを受けて実施した児童などのPCR検査の結果、児童2人の陽性が確認されたため、25日まで一ノ木戸小学校の休校措置とポプラ児童クラブの休みを延長するという(当初23日までの休みの予定だった)。一ノ木戸児童クラブは31日まで休みとする。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も