【処分】新潟県が教職員3人に対して懲戒処分を実施

  • 4か月前
  • 政治

新潟県は1月22日付けで、教職員3人に対して懲戒処分を行ったと発表した。

1人目は下越地方の県立学校会計年度任用男性職員(37歳)で、わいせつ行為・盗撮行為で免職処分を受けた。

令和5年10月、勤務先のトイレ内で、女子児童に対し、わいせつな行為を行うとともに、その様子を動画撮影した。また、勤務先において、同年6月に女子トイレ内で、10月に女子更衣室内で、それぞれ別の女子生徒に対し、盗撮行為を行った。

令和5年12月6日、新潟県迷惑行為等防止条例違反、不同意わいせつ罪、性的姿態等撮影罪及び児童ポルノ禁止法違反で起訴され、公判中である。

2人目は中越地方の小学校女性教諭(30歳代)で、 交通加害事故で戒告処分を受けた。

令和5年5月、自家用車で出勤途中、前方不注視により前方車に追突した。当該前方車は追突の衝撃により対向車線に飛び出す形となり、対向車と衝突した。これにより、前方車運転手に3か月、対向車運転手に2週間の傷害を負わせた。

令和5年12月、罰金50万円の刑事処分を受けたほか、令和5年12月、運転免許停止60日の行政処分を受けた。

3人目は中越地方の高等学校男性教諭(50歳代)で、職務懈怠、虚偽報告で戒告処分を受けた。令和3年4月以降、担当する部活動顧問の業務について、外部指導者に任せきりにし、顧問としての業務を適切に行わなかった。

また、令和4年6月、部活動で宿泊を伴う大会の引率者であったにもかかわらず、管理職に対し宿泊がない旨の報告を行い、宿泊引率を行わなかった。

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓