【長岡新聞】物価高騰・雪害などに長岡市が対策 総額14億3000万円


アオーレ長岡(新潟県長岡市)

昨今の物価高騰に対応し、国を挙げての対策が進んでいる。昨年12月18日、市議会12月定例最終日に総額42億5000万円の補正を提案、可決されている。(企業会計にも7399万円の補正)。

さらに1月17日、14億2672万2000円の補正を専決した。内容は物価高騰対応重点支援給付金に9億2672万2000円、道路除雪費に5億円となっている。これにより補正後の一般会計予算額は1439億2352万8000円になる。

新たな物価高騰対応給付金の支給は、全額を国の交付金「物価高騰対応重点支援地方創生臨時交付金の給付金・定額減税一体支援枠」を活用する。

支給対象と金額は以下の通り。

支給対象=住民税均等割のみ課税の世帯(約7300世帯)、2023年12月1日で23年度分住民税均等割のみ課税者で構成される世帯、支給額は1世帯10万円、うち18歳以下の児童がいる世帯は、児童1人あたり5万円を加算する、対象世帯は約700世帯(約1100人)。

こども加算=住民税非課税者のみの世帯のうち、18歳以下の児童がいる世帯(約1200世帯、約2000人)にはこども加算として1人あたり5万円を加算する。

支給方法=3月上旬も市から対象世帯へ「確認書」などを送付し、3月中旬から順次支給する。

 

(長岡新聞 2024年1月25日付)


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓