【学生大歓迎】 貸し出すのは空間だけではない。コミュニティを広げるコワーキングスペースの新しい在り方を提案(新潟県長岡市 assemble長岡)


開放感満載のコワーキングスペースで、仕事もサクサク進む

昨2023年10月、新潟県長岡市に新しいコワーキングスペースが誕生した。JR長岡駅から歩いて10分圏内の好立地にあるassemble長岡(アッセンブル長岡)である。以前、弊社で取材したレンタルオフィスWise spaceも同ビル内にあり、正面に立地するミライエ長岡も含めて、周辺はレンタルオフィス、コワーキングスペースの体を成してきた。

assemble長岡は、長岡駅からまっすぐ歩いて10分もかからない好立地にある

早速、訪問してみる。一面視界に拡がる開放感のあるスペース。中央部に低い箇所があるのは、この場所がもともと居酒屋の居抜き物件だったことによる。そこには、〈物件の元々の個性をなるべく活かして利用する〉という理念が繁栄されている。

この扉の向こうには開放感あふれる空間が広がっている

 

ところどころ段差のある造りは、以前居酒屋が入っていたときのまま

運営会社は、宮崎県宮崎市に本社を置き、コワーキングスペース事業の企画、運営、他拠点への展開などを行っている株式会社ATOMicaである。同コワーキングスペースのあるビルを所有している株式会社Wisdom Holdings(小柳卓蔵代表取締役)の依頼を受けて、共創パートナーとして、同コワーキングスペースを運営、管理している。

同コワーキングスペースの特徴といえば、その開放性が挙げられる。元々居酒屋だったため、広い空間をかなりの自由度で使うことができる。リラックスした雰囲気の中で、スピーカーの話を聴くことのできるイベントスペースや、ボードゲームの置いてある空間もある。そして、会議室もガラス張りなので、外側から中の様子が見やすい。逆にいうと、秘匿性を帯びたプライベートな会議を行うのには少し使いづらいかもしれないが、それもスタッフに相談すれば、8階の個室などの利用を提案してくれるとのことである。ビル全体を通して、フリースペースとして使用することで、できるのことの可能性が圧倒的に増えるのが特徴である。

広々とした空間なので、勉強も進む

広々とした空間なので、勉強も進む

 

集中したいとき、空きがあれば個室ブースも利用できる

そして、もう一つ。assemble長岡の最大の特徴にして、長岡市内の他のコワーキングスペースにない強みが一つある。それが、スタッフ自身が〈コミュニティ・リード〉という肩書で、コミュニティマネージャーとして、活動しているということである。現在、同コワーキングスペースに在籍するコミュニティ・リードは、秋田峻佑さん(39歳)と荒川由里絵さん(32歳)の二人。新規事業や起業相談など、二人を慕って相談に来る人も多い。特に荒川さんは、キャリアコンサルタントの資格も保持しており、ママさん繋がりでの起業・開業の相談や、同スペースを使ってのイベントやワークショップなどを企画の提案等もしている。また、秋田さんの巻き込み力も凄い。企業と人とを繋いで、企業が抱えている新規事業の構想を実現させたりもしている。一施設の受付・管理人という立場を超えて、その動きはとにかくパワフルで、取材した記者も驚くばかりである。

天井の配管もほぼそのまま。フロアの元からの造りを活かした空間になっている

こちらはイベントルーム。まるで友人の自宅にでもいるような気分でセミナーなどを受けることができる

ボードゲームも各種揃えてある。仕事や勉強に疲れたら、ボードゲームでみんなで盛り上がろう!

コミュニティをある一定の方向に、意図的に導く印象を持つ〈コミュニティ・リーダー〉という呼称ではなくて、敢えて〈コミュニティ・リード〉とすることで、常にコミュニティの中にいて、必要なときに、そっとサポートしてくれるような、そんな印象を持つ。「仕事のことだけではなく、勉強のことだったり、一つひとつの悩みを聞いたりしていくなかで、今後コミュニティマネージャーとしての役割も変わっていくのでは」と秋田さんは考えている。

さて、先述したように、現在、長岡市で、同コワーキングオフィスがあるビルのエリアや少し離れた長岡駅周辺には、レンタルオフィスやコワーキングスペースがいくつも隣立している状態となっている。駅からも近いという好立地のため、今度、同ビル周辺に同業が増える可能性も高い。そうなれば、競合も激しくなっていくことだろう。それについてはどのように考えているのだろうか。「余所のコワーキングスペースと競合するつもりは全くない」と語る秋田さん。むしろ、必要があれば他とも協力し、「コワーキングスペースを軸としてコミュニティを育成し、様々な人が、コワーキングスペースを目的や用途に応じて使い分けしてもらえれば」とする。そして、「コワーキングを通して〈街づくり〉をし、地域が好きな人が交わる場所にしたい」と語る。

今後、様々なイベントも行っていきたいとする同コワーキングスペース。荒川さんによれば、2月限定で1時間550円の時間単位でのドロップインができる。「お試しで使ってみたい方、気軽に遊びに来てください」とのことである。特に、学生との繋がりを広く求めている。2月28日まで、〈学生応援プラン〉とし、学生限定で一日の利用料金が通常1650円のところを最大13時間100円で利用できる。これはもう使い倒すしか手段はない。

コミュニティ・リードの秋田峻佑さんと荒川由里絵さん。二人を慕って相談に来る人も多い

 

(文・写真 湯本泰隆)

 


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓