【イトーヨーカドー丸大閉店】2025年3月目途に、「食品スーパーロピア」を展開するOICグループが事業引き継ぐ


事業承継されるイトーヨーカドー丸大新潟(新潟市中央区)

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区)は2月9日に公表した「中期経営計画のアップデートならびにグループ戦略再評価の結果について」の中で経営の抜本変革に触れ、不振が続くイトーヨーカ堂の北海道・東北・信越17店舗を閉店した上で、首都圏へ経営集中を示した。

閉店する中には、新潟県内で最後に残ったヨーカ堂店舗「イトーヨーカドー丸大新潟」(新潟市中央区)も含まれている。

同時に株式会社イトーヨーカ堂は同日、閉店する17店舗のうちの9店舗が、グループ内外の企業によ事業承継されることを発表。

イトーヨーカドー丸大は、「食品スーパー ロピア」を運営する株式会社OICグループ(神奈川県)が、2025年3月をめどに事業を引き継ぐことを発表した。

OICグループは2023年度2月期で年商(グループ合算)3,401億円、本拠地神奈川を中心に全国89店舗の食品スーパーを展開している。


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓