【今年も開催!】新潟発の和の祭典「アート・ミックス・ジャパン 2024」一般発売開始


アート・ミックス・ジャパン 2024

新潟市を舞台に和の伝統芸術を集結させる祭典「アート・ミックス・ジャパン 2024」が、今年も開催される。

2024年4月13日(土)と14日(日)の2日間、新潟市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」、燕喜館など複数の会場で、総計24公演の有料イベントがフェスティバル形式で開催する。

各公演は45分から60分で構成され、日本独自の文化である伝統芸術をより身近に感じられるよう、全公演に解説が付くという。これにより敷居が高いと感じられがちな日本の伝統芸術へのアクセスを容易にし、多くの観客にその魅力を伝える機会を提供する。

主な公演としては、法相宗大本山薬師寺による「声明」、市山七十郎・古町芸妓による「日本舞踊」、にいがた総おどりの「祭り」、大和国総本山長谷寺による「声明」、LEO with 林正樹による「箏×ピアノ」、人間国宝の五街道雲助による「落語」といった多彩なジャンルの伝統芸術が予定されている。

アート・ミックス・ジャパン独自のイベント「AMJ 笑楽座-show RAKUZA」など、無料で楽しめるパフォーマンスや展示企画も用意されている。

主催は、アート・ミックス・ジャパン実行委員会、共催は新潟市。チケットの価格は公演によって異なり、1公演3,000円からの設定で、公式サイトや電話、各種プレイガイド、コンビニにて販売中だ。

アート・ミックス・ジャパンは、日本の伝統芸術を幅広い層に紹介し、その魅力を再発見する機会を提供することを目的としており、新潟市から発信される和の文化の祭典に、多くの市民や観光客が訪れることが期待されている。

 

「アート・ミックス・ジャパン」公式サイト


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓