新潟県三条市の一ノ木戸児童クラブの職員が新型コロナウイルスに感染


新潟県三条市は26日、一ノ木戸児童クラブの職員の中で新たに1人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。この職員は20日から自宅待機していることから、児童やほかの職員へのさらなる感染拡大の可能性は低いという。

職員は20日に一ノ木戸児童クラブの別の職員の新型コロナウイルス感染を受けて、自宅待機。21日にPCR検査を実施したが、22日に陰性が判明。

その後、25日に具合が悪いため、医療機関を受診し、PCR検査を実施、26日に陽性が判明した。

なお25日の発表によると、一ノ木戸児童クラでは職員全員が濃厚接触者とされ自宅待機をしており、31日まで休業している。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も