新潟ジャズストリートが19日午後に開催

新潟市音楽文化会館でデューク・エリントンのパネル展示も

新潟市中央区の店やコンサート施設などをライブ会場(27会場)に、162組の出演者が様々なスタイルのジャズ演奏を繰り広げる「第33回新潟ジャズストリート」が19日午後始まる。主催は、NPO法人新潟ジャズストリート実行委員会、新潟市。終了時間は会場によって異なるが、遅い会場では午後11時まで行われる。料金は、全会場を自由に出入りできる「フリーパスチケット」が1000円。ドリンクはワンドリンク500円。

また新潟ジャズストリートの開催にあわせ、デューク・エリントンの当時の写真や資料などを紹介するパネルが、新潟市音楽文化会館(2階)で展示されている(下の写真)。こちらは午後9時まで。

新潟ジャズストリートのチラシによると、1964年6月、来日公演中だったデューク・エリントンは、16日に発生した新潟地震の惨状を聞き、次に予定していたハワイ公演をキャンセルして東京で「新潟地震救済資金募集・特別コンサート」を開催。全収益の96万円(現在の2000万円相当)を新潟市に寄贈した。2年後の5月、再び来日したデューク・エリントンに新潟市は「国際親善名誉市民」の称号を贈呈。1970年1月19日には、新潟公演も実現し、多くの新潟市民を感動させた。新潟ジャズストリートはデューク・エリントンの善意を後世に伝えながら、街の活性化につながることを願い、毎年1月と7月に開催している。

新潟市音楽文化会館に、デューク・エリントンの当時の写真や資料などを紹介するパネルが展示されている