岩塚製菓(新潟県長岡市)が人気日本料理店「賛否両論」の笠原将弘氏が監修した商品を10月3日より通年販売開始


人気日本料理店「賛否両論」の笠原将弘氏(画像提供・岩塚製菓株式会社)

岩塚製菓株式会社(新潟県長岡市)は、人気日本料理店「賛否両論」の笠原将弘氏が監修した「黄金揚げもち 塩わさび仕立て」 、「黒豆せんべい 柚庵焼き仕立て 醤油味」、「黒豆せんべい 西京風みそ仕立て」を10月3日より発売する。

 

「賛否両論」笠原将弘氏と「岩塚製菓」のコラボレーションについて

今年5月に期間限定商品として発売した笠原氏とのコラボ商品「黒豆せんべい 柚庵焼き仕立て 醤油味」と「黒豆せんべい 西京風みそ仕立て」は、「岩塚の黒豆せんべい」をベースにしながら、さらにワンランク上の大人な味わいに仕立て、大変好評だったという。

今回は、前回好評だった2品に加え、新たに人気商品「黄金揚げもち」をベースに開発した、爽やかな辛みが感じられる「黄金揚げもち 塩わさび仕立て」を通年で販売する。

岩塚製菓の“お米の美味しさにこだわった米菓をお届けしたい”という理念と、「賛否両論」の“日本料理や文化を多くの方に楽しんでいただきたい”という、お互いの経営理念に共鳴し、岩塚製菓から笠原氏へ“日本料理のような味わいの米菓を監修してほしい”と依頼して実現したコラボレーション。挑戦や遊び心を大切にする笠原氏の料理の味と同じく、奥深さとワクワク感を感じてもらえる商品となっている。

「賛否両論」笠原将弘氏監修のもと、“料理人の味”にこだわり、日本料理のような味わいの米菓を作った。

 

商品のこだわり

「黄金揚げもち 塩わさび仕立て」のこだわり

安曇野産わさびを使用し、ひと口目からツンと爽やかな辛みを感じられる。わさびの辛みを引き立てる3種の塩(「岩塩」「五島灘の塩」「粗塩」)で仕立てた。

「黄金揚げもち 塩わさび仕立て」 画像提供 岩塚製菓

「黒豆せんべい 柚庵焼き仕立て 醤油味」のこだわり

料理を作るのと同じように、調味料をバランスよく調合し、本格的な旨みを表現した。塩分は控えめで旨味が強い薄口醤油を使用し、素材の風味を引き立たせた。柚子は、爽やかでやさしい香りが感じられるように仕立てた。

「黒豆せんべい 柚庵焼き仕立て 醤油味」 画像提供 岩塚製菓

「黒豆せんべい 西京風みそ仕立て」のこだわり

みそ・お酒(醸造酒)・砂糖をバランスよく調合し、日本のお米で作ったおせんべいに合うみそだれを作った。みそは、こして滑らかにした西京風みそを使用し、ほんのり甘い上品な西京焼きの風味に仕立てた。

「黒豆せんべい 西京風みそ仕立て」 画像提供 岩塚製菓

「賛否両論」笠原将弘氏のコメント

「黄金揚げもち 塩わさび仕立て」について

「白身魚やいかのお造りに合わせる定番薬味の塩わさびのフレーバーで、揚げもちを作ってみました。キレのある塩味と、鼻にツーンと抜けるわさびの爽やかさをお楽しみください」

「黒豆せんべい 柚庵焼き仕立て 醤油味」について

「日本料理の焼物の定番、柚庵焼きでおせんべいを作ってみました。あっさり醤油味にほのかに香る柚子の香り。お茶受けに、お酒のおつまみにと上品な美味しさをお楽しみください」

「黒豆せんべい 西京風みそ仕立て」について

「私のお店でも人気の西京焼きでおせんべいを作ってみました。コクのある旨味と、やさしい甘さのみその風味。お子様から大人の方まで、みなさんに喜んでいただける自信作です」

 

笠原将弘(かさはら まさひろ) 料理人/日本料理「賛否両論」店主。1972年東京生まれ。

「正月屋吉兆」で9年間修業後、武蔵小山にある実家の焼鳥店「とり将」を継ぐ。店の30周年を機に一旦店を閉め、2004年、恵比寿に自身の店「賛否両論」を開店。独創的な感性で作り上げる料理が評判を呼び、たちまち予約の取れない人気店となる。2013年、名古屋に「賛否両論名古屋」、2019年、金沢に「賛否両論金沢」を開店。和食給食応援団東日本代表を務めるなど、食育、和食推進活動にも力を注いでいる。基本的な家庭料理から専門料理まで、和食の魅力を伝える著書も多数。

【関連リンク】

岩塚製菓公式ホームページ


こんな記事も