青年会議所

初夏の訪れを伝える新潟県産「大玉すいか」の今年初めての競売

初夏の訪れを伝える新潟県産「大玉すいか」の今年初めての競売が31日早朝、新潟市中央卸売市場で行われた。

今回のすいかは、大玉スイカの産地である新潟市西区産(JA新潟みらい産)の大玉すいか。JAみらいの大玉すいかは、ハウス作型に始まり、トンネル作型、密閉作型と栽培方法を変えながら、7月下旬まで出荷が続くという。

なお今年は、4月中下旬の低温により栽培に苦労したが、生産者の行き届いた栽培管理により、美味しいすいかに仕上がっているそうだ。

初競りの様子

今年のすいかも美味しく仕上がっているそうだ

取材に応じるJA新潟みらいの伊藤能徳経営管理委員会会長



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も