新潟県8市町で計10人の新型コロナウイルス新規感染患者、会見では変異株に置き換わりつつある県内感染状況へ言及

  • 12か月前
  • 社会

新潟県は2日15時30分、県内8市町で県内3241例目から3254例目(新潟市発表分を除く)となる新型コロナウイルス感染症患者が計10人確認されたと発表した。

新規感染者10人の内訳は、新発田市と阿賀野市で各2人、燕市、三条市、田上町、長岡市、魚沼市、南魚沼市でそれぞれ1人ずつ。調査中を含め、現時点で感染経路が特定できていない患者は2人。

同時に、県は新型コロナウイルス既存患者から1日までに、新たに3人の死亡を発表した。県は患者や遺族のプライバシー保護の観点から、詳細については公表しない方針であるが、全員が70歳以上の高齢者であるという。

 

県内変異株スクリーニング検査の陽性割合が初めて100%に

県発表の変異株スクリーニング検査の割合

県は、5月25日から31日までの間に実施した、県保険環境科学研究所のスクリーニング検査の結果、31人分全てが変異株であることが判明したと発表した。

県保険環境科学研究所、新潟市衛生環境研究所、民間検査機関では、県のPCR検査を受けて陽性となった人の検体を対象に、いわゆる「イギリス型」「ブラジル型」「南アフリカ型」に共通する変異、N501Yのスクリーニング検査を実施している。なお、上記3施設以外の民間医療機関などで新型コロナウイルスのPCR検査を実施した場合、検体が残っていない場合などがあるため、県内の全ての患者に検査をできている訳ではない。

県内では3月末以降、徐々に変異株の割合が増加しており、18日から24日の調査ではすでに9割以上の検査が陽性となっている。25日から31日は検査用品の調整のため検査数が大幅に減少しているが、全ての検体が陽性であるとの結果となった。

感染症対策・薬務課の星名秋彦課長は「民間機関での検査や(ウイルス量が少なく)判定不能となった事例を加えれば8割弱になると考えられるが、今回100%となったのは『とうとうその時が来た』という感覚。感染力が高いことは確実であるため、病床の圧迫につながり、全体の医療体制が逼迫するという懸念がある。今後、(インド株など)従来のものでない変異株が現れた場合、また一段高い脅威となる」と話した。

県内感染の変異株の割合が非常に高くなってはいるが、他の変異種が現れる可能性なども考えて、今後もN501Yのスクリーニング検査は全ての検体へ実施していく方針であるという。また、新潟県では変異株E484K(いわゆる「インド型」と言われている変異の特徴)の検査が可能となり、県では同株の発生を危惧するとともに、発生した場合は早期に発見していきたい考えだ。

 

飲食店関連の新たな「感染のかたまり」が発生

感染症対策・薬務課の星名秋彦課長

3241例目は長岡市在住で会社員の50歳代男性。現時点では感染経路は不明。31日に発熱のため医療機関を受診し、抗原検査とPCR検査でともに陽性と判定された。現在も発熱の症状がある。

3242例目は燕市在住で会社員の20歳代女性。県内陽性者の接触者として29日にPCR検査を実施して陽性となった。現在は頭痛の症状がる。

3243例目は田上町在住で会社員の20歳代男性。現時点で感染経路は不明。21日に咳の症状が出現。27日に症状継続のため医療機関を再受診しPCR検査を実施した。現在は咳の症状がある。

3244例目は三条市在住で医療従事者の20歳代女性。29日に県内陽性者の接触者としてPCR検査を実施した。現在は咽頭痛の症状がある。

3249例目は魚沼市在住で福祉施設職員の60歳代女性。県内で陽性者が確認されている福祉施設関連の接触者として23日にPCR検査を実施したが、一度陰性となっていた。その後6月1日に発熱などの症状が出現し、医療機関で再度PCR検査を実施した。

3250例目は新発田市在住で学生の10歳代女性。県内陽性者の接触者。31日に発熱のためPCR検査センターで検査を実施した。現在は発熱、咳、咽頭痛の症状がある。

3251例目は新発田市在住で学生の10歳代男性。前述の県内3250例目の濃厚接触者。31日に咽頭痛が出現。6月1日に発熱と倦怠感も現れたため医療機関で抗原検査を実施して陽性となった。現在は発熱、咳、鼻汁、咽頭痛、倦怠感の症状がある。

3252例目は阿賀野市在住で自営業の60歳代男性。1日に県内3238例目の濃厚接触者としてPCR検査を実施して陽性となった。現在は無症状。

3253例目は阿賀野市在住で無職の80歳代男性。3252例目と同様、1日に県内3238例目の濃厚接触者としてPCR検査を実施した。現在は無症状。

3253例目は南魚沼市在住で無職の60歳代男性。県内3126例目の濃厚接触者としてPCR検査を実施し、一度陰性となった。その後、1日に発熱のため医療機関を受診、PCR検査で陽性と判定された。現在も発熱の症状がある。

また県は現在の感染状況について、県内複数の保健所管内に跨る飲食店関連の感染の拡大が発生していると発表した。現在詳細については調査中であるものの、この関連の患者は計9人。県では業態などに関して今後詳細を調査していく予定であるが、注意を促すために現段階での発表に踏み切ったという。

 

【新潟市の本日の発表】
新潟市中央区、東区、北区、秋葉区で計8人の新型コロナウイルス新規感染患者を確認(2021年6月2日)

 

【新潟県の直近の発表】
新潟県内8市町で計15人の新型コロナウイルス新規感染患者を確認、南魚沼市では内6人が感染(2021年6月1日)

新潟県糸魚川市、三条市、燕市、新発田市で計6名の新型コロナウイルス感染症患者、感染者数(新潟市含む)一桁台は7週間ぶり(2021年5月31日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も