JR東日本が冬限定の列車を相次いで運行

冬シーズンの観光客の取り込みに力を入れる

阿賀野川ごっつぉまつり号

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は2月、冬の特別列車「十日町雪まつり」や「阿賀野川ごっつぉまつり号」などを相次いで運行する。

「阿賀野川ごっつぉまつり号」は、道の駅 阿賀の里(新潟県東蒲原郡阿賀町)で行われる第4回「阿賀野川ライン銘酒と名湯ごっつぉまつり」イベント開催あわせて運行する。運転区間は、新津(10:20発)~咲花(11:10着)の片道で2両・自由席。新津駅発車後に車内で乾杯の発声を行い、ふるまい酒を提供するイベントを開催する。

「十日町雪まつり号」は、「第70回十日町雪まつり」(新潟県十日町市)の雪上カーニバルイベントにあわせて運行する。運転区間は、新潟~北越急行十日町の往復で7両・一部指定席。びゅうプラザ(JR東日本の旅行センター)で、お得旅行パックを販売する。おとな5600円(こども3700円)。

十日町雪まつり号