太陽誘電、子会社の新潟太陽誘電に4号棟を建設

積層セラミックコンデンサの需要増に対応

4号棟完成予想図

太陽誘電株式会社(東京都)の子会社で、大容量積層セラミックコンデンサの生産を行う新潟太陽誘電株式会社(新潟県上越市)は、新工場となる4号棟を建設する。

新潟太陽誘電は2007年の設立。2018年に3号棟を建設したばかりだが、今後、電装化・電子制御化が進展する自動車向けや、5G(第5世代移動体通信)などの産業機器向けに、積層セラミックコンデンサの需要拡大が見込まれることから4号棟の建設を決めた。

【新潟太陽誘電4号棟 概要】
・延床面積:約3万2000平方m
・建築面積:約1万7000平方m
・着工:2019年6月
・竣工:2020年4月
・投資予定額:約150億円

【新潟太陽誘電株式会社 概要】
・本社:新潟県上越市頸城区上吉197番地8
・資本金:10億円(2018年3月31日現在)
・事業内容:大容量積層セラミックコンデンサの生産
・敷地面積:約15万5000平方m
・従業員数:608名(2018年3月31日現在)
・URL:http://www.niigata-yuden.com/

新潟太陽誘電