【国交省集計】2024年3月の新潟県内の延べ宿泊者数、コロナウイルス禍前の2019年とほぼ同水準に

延べ宿泊者数の推移(年別) 新潟県分(北陸信越運輸局報道資料より)

2024年3月の新潟県内での宿泊者数は89万人泊で、新型コロナウイルス禍前の2019年とほぼ同水準となった。

国土交通省北陸信越運輸局が6月10日、観光庁の宿泊旅行統計調査2024年3月分が公表されたことを受け、管内(新潟県、長野県、富山県、石川県)の集計結果を取りまとめて公表した。

それによると、3月の管内4県合計の延べ宿泊者数は368万人泊で、前年同月比14.8%増(新型コロナウイルス禍前の2019年同月比で12.1%増)だった。うち外国人延べ宿泊者数は39万人泊で、前年同月比121.6増%(同79.4%増)。日本人延べ宿泊者数は329万人泊で、前年同月比8.6%増(同7.3%増)となった。

外国人延べ宿泊者数の推移(年別) 新潟県分(北陸信越運輸局報道資料より)

県別の集計では、新潟県の延べ宿泊者数が89万人泊で前年同月比2.9%増(同0.3%減)。うち、外国人延べ宿泊者数は、4.7万人泊で前年同月比94.8%増(同34.6%増)。日本人延べ宿泊者数は、84万人泊で前年同月比0.2%増(同1.7%減)だった。

4県の中では特に、石川県(七尾市、輪島市、珠洲市、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町を調査対象から除く)が外国人延べ宿泊者数15万人泊で前年同月比162.4%増(同137.9%増)、日本人延べ宿泊者数96万人で37.3%増(同26.7%増)と大きく伸びた。

オーガニックスタジオ新潟

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓