新潟県燕市、ワクチン保存用冷凍庫の電源が入っていない状態で新型コロナワクチンを保存し廃棄


新潟県燕市は6日、同日の燕市の新型コロナウイルスワクチン集団接種会場(吉田産業会館)において、ワクチン保存用の冷凍庫に電源が入っておらず、管理温度を超過した状態で新型コロナウイルスワクチンを保存していたことが判明した、と発表した。これにより100バイアル(600回接種分に相当)のワクチンを廃棄したという。

6日午前8時に市職員がこの日使用するワクチンを冷凍庫から冷蔵庫に移そうとした際に冷凍庫の電源が切れていることに気づいた。確認したところ、冷凍庫の本体と電源コードの接続部分がゆるんでいたという。

冷凍庫の温度管理ロガーによると5日午後2時49分(−24.7度)、午後2時59分(−23.2度)、午後3時44分(−14.6度)と温度上昇がみられるため、午後2時50頃、接触不良が発生と推測される。

なお6日午前8時25分に代替のワクチン100バイアルを会場へ供給し予定通り接種を実施した。

一方、燕市では再発防止策として、これまでも従事者が定期的に冷凍庫の温度確認を行っていたが、今後は確認時間を明確にし、定期的に記録用紙に記入するとともに、最初と最後は会場の統括責任者と複数で確認することをルール化する。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も