青年会議所

中原八一新潟市長が河野太郎内閣府特命担当大臣へコロナワクチン接種に関する要望

河野太郎大臣と中原八一新潟市長の対談の様子

中原八一新潟市長は8日、河野太郎内閣府特命担当大臣に対し、新型コロナワクチン接種に関する要望をオンライン会議にて行なった。

会議は非公開で行われたが、終了後の取材で中原市長は「ワクチンの円滑な接種へのお願いという事で大臣にお時間を頂いた。具体的には、若い世代に対してワクチン接種の必要性を訴える広報強化をして頂きたいという事が1点、2点目は職域接種の進め方や整備ついて話をした」と説明した。

それに対する河野大臣の返答について中原市長は「大臣からは、若い世代は無関心だったり、様子見であったりするので、(要望通り)広報に力を入れたいというお話があった」とし、続けて職域接種については「自治体が進めているワクチン接種に支障が及ぶことが無いように、まずは従業員1000人以上で産業医がいるような企業から進めていきたいとのことだった。ワクチンの供給や接種スケジュールに関して、関係者各位にお礼の言葉があった」と話した。

今回の要望を通して中原市長は、「今回新潟市からの要望を大臣に聞いていただきましたので、今後も何かあれば、情報交換をしながら、迅速かつ円滑な接種につなげていきたい」と話した。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も