新潟県村上市で国内最大規模の「村上市スケートパーク」の建設が進む

国内外のスケートボード選手が集う「聖地」を目指す

村上市は、東京オリンピック・パラリンピックの正式種目となった「スケートボード」に出場できる選手の育成や、地域活性化を目指し、同市瀬波温泉三丁目地内に「村上市スケートパーク」の建設を進めている。東京オリ・パラ前の平成31年春のオープンを目指している。

国内最大規模の屋内スケートボード施設となり、同市では、国内外のスケートボード選手が集い、村上市がスケートボードの聖地となることを目指している。

また、スケートボード施設のほかに、ボルダリング、スラックラインの設備を併せて整備。このほか、村上市では林業が盛んなことから、構造材および仕上げ材に村上市産杉材を使用している。

建設の進む村上市スケートパーク

完成イメージ(村上市HPより)