新潟県三条市が當銘孝仁選手のカヌースプリント日本代表代表決定を祝して市役所に懸垂幕掲示


三条市役所低層棟東側に掲示された懸垂幕

新潟県三条市は15日、同市在住の當銘孝仁選手が東京2020オリンピックのカヌースプリント日本代表に内定したことを受け、三条市役所に懸垂幕を掲示した。

當銘選手は1992年生まれ、沖縄県糸満市の出身。地元の伝統的な手漕ぎ船「爬竜船」の漕ぎ手に憧れ、中学生ころから活動を始めていたという。大学卒業後は一般社団法人三条市スポーツ協会に所属(現在の公益財団法人新潟県スポーツ協会から出向)している。

東京2020オリンピック代表選手選考会は5月30日、石川県小松市の木場潟カヌー競技場で開催。當銘選手はこの大会で、男子カナディアンシングル1000メートルに出場して優勝。開催国枠で日本代表に内定した。県内からオリンピックにカヌー競技選手が出場するのは初となる。

 

【関連リンク】
當銘孝仁選手のwebサイト

 

【関連記事】
カヌースプリント東京2020オリンピックの日本代表に内定した當銘孝仁選手が新潟県三条市の滝沢亮市長を表敬訪問(2021年5月31日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も