暑中見舞い

(株)新潟放送がブランディングのコンサルティング新会社「株式会社語れ。」を7月1日に設立


株式会社新潟放送(新潟市、BSN)は15日、ブランド戦略を通じて企業の課題を解決することを目的とした新会社「株式会社語れ。」を7月1日に設立すると発表した。

同社は「独自の価値を伝えたいが、どうしてよいか分からない」という企業を支援する事業で、顧客企業の特徴を発見して全体のブランドを構築することを目的とし、動画をはじめとしたコンテンツを制作してWEB広告などで周知・浸透を図るという。

同社は1952年に株式会社ラジオ新潟からスタートし、2022年には会社設立70周年を迎える。昨年からの新型コウイルス感染拡大の影響などで企業が抱える課題も山積していることから、これまでラジオ・テレビの放送を展開してきたが、企業が抱える様々な課題を解決するためにブランディングという手段が重要と考えるとともに、Web広告への展開も図るために新会社の設立に至ったという。

新会社は新潟放送本社の2階に所在。代表取締役は新潟放送の経営戦略室に在籍した八木翔和氏が務める。資本金は500万円。業務内容はブランディング戦略のコンサルティングのほか、各種コンテンツ企画、制作業務、広告周知施策などとなる。

新潟放送総務部の担当者は「新潟県内には中小企業で働く人が約10万人いるが、同業他社との差別化などいちから企業のブランディングを行う」と話している。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も