2019年2月10日号(第29号)目次

短期連載「新潟県内のコンビニエンススト事情」など

2019年2月10日号表紙(表紙の人=国際大学学長 伊丹敬之氏)

【2、3面=ニュース&トピックス】
・店ごと移動するリラクゼーションハウス(長岡市)が登場
・タウン誌的見地で作った企業情報誌を発行 ジョイフルタウン(新潟市中央区)
・新潟営業所を拠点に受注拡大を目指す品田電業社(柏崎市)
・新潟市中央区にケーキ店「パティスリー ル・デパー」がオープン
・中小企業向けにテレワークの環境を提供する「RIO Cloud」
・今月のデータ1(表参道・新潟館ネスパス 平成30年12月売り上げ上位商品)
今月のデータ2(福袋について)

【4面=連載】
・県内大学 学長に聞く 国際大学学長 伊丹敬之氏
「成長セクターであるアジア、アフリカと日本がつながる大学」

【5面=連載/企業リポート】
・新潟大学 伊藤龍史准教授のコラム
「創業エコシステム」の「捉え方」と「生み出される成果」について
・ワイエムフーズ(阿賀野市)が卵の殻から肥料を製造する装置を導入

【6面=IT連載】
・音声認識で日報作業の効率化を実現する「介護メモ」 長岡介護イノベーション・ハブ(長岡市)
・IoT・AI関連、アプリ、基幹システムまで開発 アイビーシステム(新潟市北区)

【7面=連載】
・日本と新潟のICT教育について考える
武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部准教授 上松恵理子氏
「新潟の経済に活かすためのICT教育」

【8面=連載】
・新潟出身の起業家たち
日本を代表するインターネット企業になるビジョンを掲げる ユナイテッド(東京都)

【9面=企業リポート】
・OLから転身し築130年の蔵をリノベーション 居酒屋「古まち ふじ村」(新潟市中央区)
・防災食で日本に住む外国人へ思いやり エコ・ライス新潟(長岡市)

【10面=トレンドリポート】
・人口減で県内企業の経営統合が相次ぐ

【11面=イベントリポート】
・地域活性化フォーラム「新潟活性化のための切り札はあるのか」

【12面=カルチャーリポート】
・シネ・ウィンド・インフォメーション

【13面=カルチャーリポート/企業リポート】
・新潟市在住のミニボランティア噺家 金源亭 馬けんのちょいと噺
・日常生活に潤いをもたらす和平フレイズ(燕市)

【14面=トレンドリポート、企業リポート】
・無人店舗の設置に動き始めた流通業界
・ディアカンパニーと新潟しんきんが新潟薬科大学へ物品寄付

【15面=連載】
・新潟県内のコンビニエンスストア事情(上)
「県内のコンビニは今後増えるのか 減るのか」

【16面=連載、企業リポート】
・新潟県のホームセンター アークランドサカモト(三条市)
・生活に欠かせない商品を作る 遠藤製作所(燕市)

(購読のお申込み/お問い合わせ)
ホームページ https://www.niikei.jp
フリーダイアル 0120-915-473
Eメール mail@niikei.co.jp