暑中見舞い

ホテルの客室内において10歳代女性の裸を無断で撮影した疑いで新潟市西区の男性を逮捕


新潟中央警察署

新潟中央警察署は24日午後2時18分、新潟県迷惑行為等防止条例違反(盗撮)の疑いで新潟市西区平島の会社員の男性(24)を通常逮捕した。

容疑者は令和3年5月上旬、下越地方のホテルの客室内において、正当な理由もなくカメラ機能付き携帯電話機でSNSを通じて知り合った被害者の女性(10歳代)の裸を無断で撮影した。

なお、容疑者は令和3年6月4日、新潟県迷惑行為等防止条例違反(盗撮)の疑いで同署に通常逮捕されており、捜査の段階で余罪として本件が発覚。同署の調べに対し、「無断で撮影した覚えはない」と容疑を否認しているという。犯行の動機やこの他の余罪などについては現在捜査中。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も