駐日モンゴル国特命全権大使が新潟市役所を訪問

駐日モンゴル国特命全権大使のダンバダルジャー・バッチジャルガル氏は19日、新潟市の中原八一市長を訪れた。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて国が推進している「ホストタウン構想」において、新潟市は、新潟県、長岡市、燕市、五泉市、弥彦村とともに、モンゴルのアーチェリーを対象競技としたホストタウンに登録されている。バッチジャルガル氏は、「新潟は全国へのアクセスが良い。東京だけでなく、新潟も拠点に国際交流が深められれば」と期待を示していた。

またモンゴルの首都ウランバートルの南西約50キロメートルの地で、「新ウランバートル国際空港」の建設が進められている。完成は未定だが、バッチジャルガル氏は、「モンゴルと新潟間でチャーター便が飛べばよい」などと語っていた。

バッチジャルガル氏は同日、新潟市のほか、新潟県の花角英世知事、新潟市水族館 マリンピア日本海(新潟市中央区)、新潟市歴史博物館みなとぴあ(新潟市中央区)も訪問している。

駐日モンゴル国特命全権大使のダンバダルジャー・バッチジャルガル氏(左)と新潟市の中原八一市長(右)