新潟空港に名古屋城の金シャチ実物大レプリカが3月下旬まで展示中

名古屋土産の定番・坂角総本舗の海老せんべい「ゆかり」のプレゼントも

中部国際空港セントレア(愛知県常滑市)は、名古屋城の金シャチ実物大レプリカを2月21日から3月下旬まで、新潟空港に展示中だ。

金シャチの実物大レプリカ

初日となる21日には新潟空港で「徳川家康と服部半蔵忍者隊による金シャチお披露目セレモニー」が開催された。セレモニーでは、 名古屋城を拠点に活動をしている「徳川家康と服部半蔵忍者隊」の服部半蔵と凛が登場し、 忍者パフォーマンスを披露した(下写真)。

凛は、「この金シャチは、1984年に開催された名古屋城博の収益金をもとに制作されたもので、 これまでオーストラリア・上海・東京・大阪など国内外のイベントで名古屋のシンボルとして展示されてきたものでございます。 名古屋城の天守に輝く金のシャチホコと同じ大きさの実物大レプリカで、 高さは3m、 重さは100kg、 表面には24金の金箔1800枚をあしらっております 」と新潟に初上陸した金シャチのレプリカの説明を行っていた。続いて服部半蔵が2018年6月に完成公開された名古屋城本丸御殿を説明し、「 名古屋城本丸御殿を見に、是非名古屋に起こし下され!」と名古屋に訪れるよう呼びかけていた。

3月下旬までの展示期間中、 金シャチの写真を撮影した人全員に、名古屋土産として定番の坂角総本舗の海老せんべい「ゆかり」をプレゼントする。

「金シャチキャラバン」は名古屋の観光PRを目的に、セントレアから直行便の就航する国内空港を巡回している。 これまでに鹿児島空港、北海道の女満別空港、旭川空港、函館空港 秋田空港の5空港での展示イベントを開催。新潟空港は6か所目となる。一方、織田信長が明智光秀に討たれた「本能寺の変」の際、 大坂の堺にいた徳川家康は、明智軍から逃れるため、危険な伊賀を越えて岡崎城に帰ることを決断。そこで家康に仕えていた服部半蔵は、 伊賀・甲賀の忍者300名に協力を要請。忍者の護衛のもと、家康は無事岡崎城まで戻ることができたという。

セレモニーの様子

セレモニーでは、 服部半蔵と凛から手渡しで、新潟空港に集まった老若男女に「ゆかり」がプレゼントされた。ゆかりを受け取った人たちからは「名古屋に行ったことがないので、 金シャチがこんなに大きいなんて知らなかった! 」「セレモニーの中で紹介されていた名古屋名物の小倉トーストが気になりました。 ぜひ食べてみたい」との声があがっていたという。