暑中見舞い

新潟医療福祉大学陸上競技部がU20日本陸上競技選手権大会の男子円盤投げで1位、2位を独占


2位の北原博企選手(左)と優勝した中町真澄選手(右)

新潟医療福祉大学陸上競技部の中町真澄選手(同大健康スポーツ学科2年、石川県立能登高校出身)が24日から27日に大阪市で行われた第37回U20日本陸上競技選手権大会の男子円盤投げで、55メートル5センチを記録し優勝。また、2位には北原博企選手(同大健康スポーツ学科1年、私立開志国際高校出身)が53メートル68センチで入賞し、男子円盤投げで同大学勢が1位、2位を独占、ワンツーを飾る活躍を見せた。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も