新たに改修された新潟県十日町市の旧小学校。丸ごと使って1泊4万円

現在、利用モニター募集中

株式会社toiz(東京都世田谷区)と、キャンパス白倉利活用委員会(新潟県十日町市)は、平成6年閉校となった中山間地の小学校「キャンパス白倉(旧白倉小学校)」(十日町市小白倉)を宿泊施設に転用、体育館・教室・家庭科室などの設備を全て含めて1泊4万円から提供している。現在、空調設備や風呂場が新調しつつも、小学校をそのまま丸ごと使えるという環境を活かした利用モニターを募集している。これまでには、婚活ツアーやコスプレ撮影会といった単なる合宿利用だけではない企画も実施されたことがあるという。こうした企画には同社と同委員会が協力する。

対象となる廃校は、平成6年閉校となった旧白倉小学校。「アウトドア、体験、学び」をテーマにこの小学校を改修。自炊可能な調理室、風呂、交流ホール(体育館)、冷暖房、ユニットバス、ベッド、WiFiフリースポットなどを利用することができる。利用料は全て使えて1泊4万円から。企画内容によって減免などもあるという。

運営は、宿泊費の一部を運営費として委員会にプールをすることで自治体予算に頼らない運営を目指している。

【キャンパス白倉】
施設名/キャンパス白倉
所在地/十日町市小白倉卯62番地1
交通アクセス/十日町駅より車で40分、越後川口ICより車で30分
収容人数/最大で35名まで宿泊可能

キャンパス白倉(旧白倉小学校)