新潟県議会議員の投票用紙が県内の各市町村に向けて発送

4月7日に投開票される新潟県議会議員選挙の投票用紙199万2900枚が15日、県内の各市区町村に届けられ、新潟市江南区役所でも正面玄関において、新潟市江南区選挙管理委員会に投票用紙が引き渡された。他の市町村にも、県選挙管理委員会書記同乗の輸送トラックにより、印刷会社から直接各市町村へ届けられたという。

統一地方選挙とは、事務の簡素化、経費の節約、有権者の選挙への意識向上など目的に、全国各地の自治体の知事選挙と議会議員選挙を一斉に行う選挙のこと。1947年4月以来、4年ごとに行われている。

新潟県のホームページによると、新潟県内では、前半にあたる4月7日に新潟県議会議員選挙と新潟市議会議員選挙の投票が行われ、後半にあたる21日に加茂市長選挙、田上町議会議員選挙、湯沢町議会議員選挙、刈羽村議会議員選挙、粟島浦村議会議員選挙、長岡市議会議員選挙、柏崎市議会議員選挙、新発田市議会議員選挙、小千谷市議会議員選挙、加茂市議会議員選挙、弥彦村議会議員選挙の投開が行われる。

新潟市江南区選挙管理委員会に届けられた投票用紙

新潟市江南区役所