暑中見舞い

新潟県三条市役所でカヌースプリント東京2020オリンピック日本代表に内定した當銘孝仁選手への応援メッセージを募集中


三条市役所本館1階、當銘孝仁選手へメッセージを募集するブース

新潟県三条市は8日から21日まで、同市在住で東京2020オリンピックのカヌースプリント日本代表に内定した當銘孝仁選手への応援メッセージを市役所本館1階ロビーで募集している。

當銘選手は1992年生まれ、沖縄県糸満市の出身。地元の伝統的な手漕ぎ船「爬竜船」の漕ぎ手に憧れ、大学卒業後は一般社団法人三条市スポーツ協会に所属(公益財団法人新潟県スポーツ協会から出向)している。

市役所本館には當銘選手へ贈る「応援タペストリー」を設置。来庁者が各自、自由に余白へ応援の言葉を記載していく形式になっている。タペストリーは8日の9時ごろに設置されたが、初日となる8日13時の時点で、すでに数件のメッセージか記載されていた。

初日の8日13時の時点ですでに応援の言葉が記載されていた

 

【関連記事】
新潟県三条市が當銘孝仁選手のカヌースプリント日本代表代表決定を祝して市役所に懸垂幕掲示(2021年6月15日)

カヌースプリント東京2020オリンピックの日本代表に内定した當銘孝仁選手が新潟県三条市の滝沢亮市長を表敬訪問(2021年5月31日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も