萬代橋チューリップフェスティバルが始まる

3万1000本の色とりどりのチューリップが展示

萬代橋チューリップフェスティバルのオープニングセレモニーが12日、ホテルオークラ新潟前で行われ、市内の園児たち約150名が参加した。25日まで開催される。

春の風物詩となったチューリップフェスティバルは、初代萬代橋が架橋されてから100周年の昭和61年から毎年行われ、今年で34回目となる。JR新潟駅から萬代橋西詰にかけ、保育園、幼稚園、小・中学校など、420団体が育てた3万1000本の色とりどりのチューリップが展示される。

3代目となる現在の萬代橋は、昭和4年の完成から令和元年で90周年を迎える。萬代橋を管理する国土交通省北陸地方整備局によると、夏には誕生祭が予定されているという。

チューリップは、シンプルな花だが品種は500を超えるとも言われ、いろいろな色や形が我々の目を楽しませてくれる。新潟市のHPによると、日本における球根の商業生産は、同市秋葉区小合の小田喜平太氏がオランダから球根を輸入し、今からちょうど100年前の大正8年(1919年)秋に作付けしたのが始まりとされている。今では、新潟市が全国第1位の出荷量を誇る花となり、市花にも制定されている。

オープニングセレモニー

市内の園児たちによるキッズパレード

萬代橋に展示されたチューリップ

新潟市食育・花育推進キャラクターのまいかちゃん

新潟の天気

  • 今日

    晴のち曇

    晴のち曇

    16℃ / --℃

  • 明日

    曇時々晴

    曇時々晴

    19℃ / 9℃

  • --℃ / --℃

その他県内の天気情報はこちら