県内初のWikipedia新潟ローカルタウンプロジェクトが開催される

新潟市立中央図書館の文献などを資料にWikipediaを作成

Wikipedia新潟ローカルタウンプロジェクトが13日、新潟市立中央図書館で開催された。インターネット百科事典「ウィキペディア」にある新潟の図書館などに関する記事を編集したり、新たに作成したりすることを通じ、「調べること」「知ること」「表現すること」「伝えること」の楽しさを体験してもらうイベント。ICTを活用してアプリケーションを作ったりウェブサービスを提供したりすることを目的とする有志の集まりCode for Niigataが主催した。主催者によると県内では初の開催で、およそ40人近くが参加した。

午前中は「ウィキペディア」の座学を開催。午後は、チーム分けされたグループで「ウィキペディア」を編集。図書館の文献などを資料に、出典情報がない記事に情報を追加したり、詳しく書かれていない「新潟市立中央図書館」などの施設の紹介記事を新たに作成したりし、その後、成果発表を行った。

「ウィキペディア」は、290の言語版があり、世界で5番目のアクセスをもつウェブサイトで、誰もが無料で自由に編集に参加し、書き換えらることができる。

Code for Niigataの河野知樹氏は、「Wikipediaを用いた地域情報の発信の仕方もあることを、県内市内に伝えたい。みんなで調べ編集することで新潟の地域情報(価値や魅力)をさらに発信していきたい」と話していた。

Wikipedia新潟ローカルタウンプロジェクト

フリー百科事典「ウィキペディア」

新潟市立中央図書館「ほんぽーと」